忍者ブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
てらかわよしこ
性別:
非公開
自己紹介:
キック好きの漫画描きでやんす。
Fight&Lifeヨロシクぅ。
お仕事絶賛承り中ス。
連絡先は
yossyfight★gmail.com(★を@に置き換えて下さい)
Twitter
最新コメント
[10/21 もやし]
[11/30 anmonite]
[06/23 はんさむ]
[06/23 はんさむ]
[11/15 バルコ43]
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
http://yossy119.blog.shinobi.jp/
~初心者のためのキックボクシング観戦講座ブログ~
国崇がフェザー級王座返上
4選手による王座決定トーナメントが開幕

NJKFフェザー級王者・国崇選手が
4月1日付で同王座を返上することとなりました。
これは先にライト級王座を返上した大和哲也選手と同様、
WBCムエタイ/インターナショナル/スーパーバンタム級王座、
WBCムエタイルール日本スーパーバンタム級王座も獲得したことで、
世界の舞台で闘っていくためにNJKF王座を卒業したいという
本人の意志によるものです。
これに伴い、5・9後楽園大会より4選手による
次期王座決定トーナメントを開催することとなりました。
決勝の王座決定戦は8・1後楽園大会で行います。
参加選手、準決勝の組み合わせは後日、
改めて発表させていただきます。

長島☆自演乙☆雄一郎スーパーウェルター級王座返上
健太と太陽で王座決定戦!

NJKFスーパーウェルター級王者・長島☆自演乙☆雄一郎選手も、
4月1日付で同王座を返上することとなりました。
長島選手に関しては防衛戦を行うべく、
連盟と魁塾サイドで話し合いを進めていましたが、
先の「K-1 WORLD MAX ?70kg JAPAN TOURNAMENT」で
優勝し世界トーナメントに進出したことで日程の調整が難しく、
返上という措置になりました。
連盟としては初代王者・長島選手の世界の舞台での活躍を
期待しています。
空位となった同王座について、
5・9後楽園大会で健太選手と太陽照明選手の2名により
王座決定戦を行います。
両者は08年5月にNJKFウェルター級王座決定戦で対戦。
激しい攻防の末、5R判定で健太選手が勝利して王座に輝いています。
直近の試合では健太選手が北山高与志選手に判定勝ち
(3・28ディファ)、
太陽選手がCRAZY884選手に1RTKO勝ち
(3・20バンゲリングベイ新宿FACE)と好調だけに、
今回も熱戦が期待されます。


NJKFスーパーウェルター級王座決定戦 3分5R
NJKFスーパーウェルター級1位
健太(E.S.G)
VS 
NJKFスーパーウェルター級2位
太陽照明(インスパイヤード・モーション)


その他の決定対戦カード

また、今大会ではすでに下記2カードが決定しています。
ウェルター級王座決定戦(トーナメント決勝戦)として、
高橋誠治選手と大和侑也選手が激突。
テコンドー出身で足技を得意とする高橋選手と、
パンチでKOを量産している大和選手ですが、
昨年11月の初対決では高橋選手がヒジでカットして
2RTKO勝利という意外な形での決着となりました。
今回、勝利してベルトを巻くのはどちらか?
高橋選手が11戦目、大和選手が9戦目という
フレッシュ対決にご期待ください。

また、大和哲也選手の返上に伴う
NJKFライト級王座決定トーナメント準決勝として、
海戸淳選手と一輝(いっき)選手が対戦します。
海戸選手はNJKFに移籍後、
これが初の後楽園登場となります。
全日本時代には王座決定トーナメント決勝で
苦杯をなめた経験もあるだけに、
ここは初のベルトを巻きたいところ。
一方、3回戦時代には大和選手にも勝利した経験を持つ
一輝選手にも最大のチャンス。
この試合の勝者は3・28ディファで
ひでお選手に勝利した宮越慶二郎選手と、
8・1後楽園で王座決定戦を行います。
こちらの王座を巡る2試合にも、どうぞご注目ください。


NJKFウェルター級王座決定戦 3分5R
NJKFウェルター級2位
高橋誠治(町田金子)
VS
NJKFウェルター級3位
大和侑也(大和)


NJKFライト級王座決定トーナメント準決勝 3分5R
NJKFライト級2位
海戸 淳(y-park)
VS
NJKFライト級3位

http://www.njkf.info/
PR
COMMENTS
お名前
URL
メールアドレス
パスワード
タイトル
コメント
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
"てらかわよしこ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.