忍者ブログ
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
てらかわよしこ
性別:
非公開
自己紹介:
キックボクシング大好き。
Fight&Lifeヨロシクお願いします。
お仕事絶賛承り中。
連絡先は
yossyfight★gmail.com(★を@に置き換えて下さい)
Twitter
最新コメント
[10/21 もやし]
[11/30 anmonite]
[06/23 はんさむ]
[06/23 はんさむ]
[11/15 バルコ43]
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
http://yossy119.blog.shinobi.jp/
~初心者のためのキックボクシング観戦講座ブログ~
6月30日はK-1でした!

スーパーバンタム級世界最強決定トーナメント(3分3R延長1R)
一回戦
◎玖村将史(1R)ペッパンガン・モー・ラタナバンディット×
×晃貴(2-0)サンベル・ババヤン○
◎武居由樹(1R)アレックス・リーバス×
◎玖村修平(3R)サデック・ハシミ×

準決勝
○玖村将史(3-0)サンベル・ババヤン×
◎武居由樹(1R)玖村修平×

決勝
×玖村将史(2R0分38秒)武居由樹◎

王者武居が圧巻の優勝。
仕留めるタイミングを見逃さない姿は(挨拶時の可愛らしさも含め)
食肉目ネコ科的。


スーパー・ライト級タイトルマッチ
×ゲーオ・ウィラサクレック(本戦1-0、延長0-3)安保瑠輝也○

-58.5k契約
○村越優汰( )フォー・シャオロン×

ウェルター級
◎木村”フィリップ”ミノル(1R1分37秒)クルーズ・ブリックス×

スーパー・ライト級
◎佐々木大蔵(3RTKO)不可思×

フェザー級
◎西京春馬(2R )ホルヘ・バレラ×

スーパー・フェザー級
○大岩龍矢(3-0)芦澤竜誠×

スーパー・フェザー級
×小宮山工介(2R )レオナ・ペタス◎

ライト級
○大沢文也(3-0)里見柚己×

フェザー級
○小澤海斗(3-0)鷹大×

スーパー・バンタム級トーナメントリザーブファイト
×小倉尚也( )林勇汰




プレリミナリーファイト(3分3R)
スーパー・ライト級
×迅也( )寺島輝◎

-53k契約
 藤田和希( )多久田和馬




PR
6月23日はSB、シュートボクシングでした!

メインイベント3分5Rヒジなしルール、
69.0k契約
◎海人(4R2分56秒TKO)中島弘貴×
海人ヒジなしで69キロでどう戦うか、
一方中島も久々のリング復帰でどう戦うか、
シュートボクシングのメイン。

1R海人こつこつロー入れるもさすがに中島のパワーを感じる。
2R海人はここもロー、組み付き崩しながらヒザを入れる。
中島は投げを試みる場面も。
3Rになると海人のローが効いてることが目に見えてわかり
要所の飛びヒザなどヒザ攻撃が好印象。
4R中島はローをいやがる場面は増え飛びヒザでついにダウン。
致命的かと思われたが立ち上がる中島に海人ローで追い討ち、
2度目のダウン。さらにヒザで倒しきって海人完勝!


3分3R無制限延長
59.0k契約
○笠原弘希(かさはら・ひろき)(本戦0-0、延①1-1、延②2-0)内藤大樹(ないとう・たいき)×
ジャッジ泣かせの大接戦。
内藤やや攻勢かと思うが笠原も完全に攻めこむ場面を作らせず延長戦へ。
延長1Rも拮抗した展開、内藤が投げを試みるなど積極性見せるがドロー。
延長2Rここは笠原が積極性に勝り内藤やや受けに回った印象で軍配は笠原弘希に。

63.0k契約
○西岡蓮太(3-0)増井侑輝×
やや強引に攻め込む西岡が2Rに左フックでダウンを奪い、
増井もミドルで猛追するも及ばず西岡判定勝利。

56.0k契約
◎笠原友希(かさはら・ゆうき)(3R46秒)小笠原瑛作×
ロングスパッツで挑むREBELSの小笠原に投げで先制する笠原。
しかし小笠原も積極的に攻め込み右ストレートを当て尻餅をつかせるが
ここはダウン判定なし。
2Rには小笠原の攻撃で笠原がカットした模様、出血もあるが試合続行。
3Rポイント取り返したい小笠原だったが逆に笠原がヒジで大きくカット!
ドクターストップにより笠原友希が勝利。

ライト級
×村田聖明(0-3)町田光○
居合いパンチ居合いフェイント居合いバックブローにバックドロップと
マッチさんこと町田光が久々にのびのび楽しそうに戦った試合となった。

63.0k契約
×上田一哉(本戦0-0、延長KO)北井智大◎
本戦は蹴りヒザで上田が北井の強打封じるも延長Rに右のパンチで三度ダウン、
北井がヒヤヒヤの逆転KO勝利。

ヘビー級
×斐也(よしなり)(0-3)山田二世○

68.5k契約
◎村田義光(2R1分14秒)鳥居剛×

66.0k契約
○未奈(3R2分46秒)キム・ジュヒョン×

女子ミニマム級
◎MISAKI(2R1分57秒)パク・ユジン×











6月21日はK-1 KRUSH FIGHTでした!

(3分3R延長1R)
スーパー・ウェルター級タイトルマッチ
○ジョーダン・ピケオー(3-0)神保克哉×
おなじみの特攻服で登場の神保は意外と無謀な猛攻などなく冷静、
しかしピケオーの重いパンチが徐々に威力を発揮。
神保も粘るがピケオーの牙城揺らがず防衛!

フェザー級タイトルマッチ
◎江川優生(1R2分14秒)TETSU×
挑戦者として抜擢された18歳のTETSUに
今日の江川はちょっとラフなくらい思いっきり攻め込み
立て続けに3度ダウン奪って快勝、堂々防衛。



スーパー・ライト級
○瑠久(るーく)(3-0)堀井翼×
睨みあいもなく始まった一戦は瑠久が蹴りで差をつけて判定勝利。

スーパー・ライト級
×FUMIYA(2R1分53秒)近藤拳成◎
契約体重をクリアできずFUMIYA減点2からのスタート。
1R近藤の右がきれいに入ってFUMIYAダウン。
2Rも近藤の右ストレートが冴えて2回倒したところでタオル投入、
近藤がKO勝利!2Rの一度目のダウンでストップしてもよかったかも。

スーパー・ウェルター級
○小鉄(3-0)平塚洋二郎×
小鉄が終始ローで攻め込んで判定勝利。

スーパー・バンタム級
×龍斗(0-3)黒田勇斗○
黒田の蹴り技が冴えて試合を支配、判定勝利。

フェザー級
○森坂陸(3-0)髙橋直輝×
蹴り技が持ち味の森坂に対する髙橋は立ち上がりやや硬い印象。
森坂は自慢のトリッキーな回転技で印象付ける。
3R髙橋が森坂に身体を預けるようにして倒れこんだところダウンコール、
判定で森坂勝利。

スーパー・フェザー級
×川口拓真(3R3分03秒)佐野純平◎
初回川口のパンチで腰をおとしかけた佐野、
その後も攻め込む川口、正面でもらってしまう佐野という展開だったが
3R手数の落ちた川口を佐野がヒザで攻め、
終了間際に佐野の右で川口ダウン、続行も二度目のダウンで試合ストップ、
佐野がKO勝利。



(3分3R)
プレリミナリーファイト
スーパー・ライト級
◎斉藤雄太(1R1分32秒TKO)竹腰一麻×
竹腰が出血し二回目のチェックでストップ。

スーパー・ウェルター級
×渡邊俊樹(1R1分17秒 )EITO◎
EITO大柄で倒しきる力あり。

スーパー・フェザー級
◎秀樹(2R1分51秒)提髪和希(さげがみ・かずき)×
秀樹が左をフック気味に入れて倒す。















6月15日はNKB、日本キックボクシング連盟でした!

(3分5R)
フェザー級王座決定戦
×ひろあき(0-3)髙橋亮○
前に出たい一発のあるひろあきだが亮が全くそれを許さず
ミドル、ハイ、ヒザ、後半はパンチでもポイントを奪い
完封勝利で戴冠!

(3分3R延長1R)
ミドル級トーナメント準決勝
◎清水武(2R2分04秒?)小原俊之×
清水のヒジで小原カット、再チェックでストップ。
◎田村聖(2R2分24秒)今野顕彰×
田村の右で今野がカウント不要かと思われる倒れ方、立てずストップ。

(3分3R)
64k契約
×棚橋賢二郎(0-3)SANGIT ATIT Y’ZD○

ウェルター級
△稲葉裕哉(0-1)蛇鬼将矢△

55k契約
×高嶺幸良(1-2)鰤鰤左衛門○

63.5k契約
○大月慎也(3-0)野村怜央×

○TOMO(2-0)古瀬翔×

(2分3Rミネルヴァルール)
○sasori(3-0)TAMA×

(3分3R)
フライ級
×山田英慶(3R1分48秒?)則武知宏◎

フェザー級
○勇志(3-0)渉生×

フェザー級
△山本太一(0-1)藤平泰地△

バンタム級
◎五嶋龍太郎(2R2分39秒)剣汰×

ライト級
×小笠原裕史(0-3)哲太○

















5月19日はRISEでした!

3分5R(無制限延長)
スーパーフライ級タイトルマッチ
○田丸辰(たまる・とき)(3-0)政所仁(まんどころ・じん)×
両者ともスピードと手数、テクニックを披露したくてウズウズな好試合に!
田丸が強いローを見せ先制、政所もバックキック、バックブローを返す。
パンチの打ち合い、ヒザ、ハイキック…
お互いキビキビと動くも後半政所が攻めあぐむような場面もあり、
採点泣かせの接戦は田丸が防衛!

3分3R延長1R 
58k契約
◎工藤政英(2R2分32秒)タリック・トッツ×
1Rからローで工藤が試合を支配、最後はミドルでKO勝利!

61k契約
◎梅野源治(2R2分45秒)イ・ギュドン×
パンチとヒザで倒しきった梅野KO勝利!

ライト級
×北井智大(0-3)原口健飛(はらぐち・けんと)○
蹴り自慢原口が北井を完封した一戦でした。

ウェルター級
×渡部太基(0-3)中島将志○

スーパーフェザー級
◎一馬(1R1分20秒)竹内皇貴×

バンタム級
○佐藤九里虎(さとう・ぐりこ)(3-0)池田進人(いけだ・のぶと)×

58.5k契約
×YUU(0-3)YA-MAN○

57.5k契約
○森本”狂犬”義久(本戦0-1、延長2-1)篠塚辰樹×
大応援団の声援の中行われた第一試合。
篠塚のパンチは入るが森本のそれはなかなか届かない。
しかし森本のロー攻めで篠塚の余裕が消え流れが変わっ
…たかと思ったがパンチが優勢か、試合は延長へ。
気合を入れ直したか開始から篠塚が猛攻も森本は耐えきって
逆にヒザ、前蹴りで篠塚の身体をくの字にさせポイント奪取、
森本の判定勝利に会場中が沸く!




オープニングファイト
3分3R
スーパーフェザー級
×Delgermuru拳信王(2R47秒)成尾拓輝◎

5月18日はKRUSHでした!

3分3R延長1R
K-1 KRUSH FIGHTウェルター級タイトルマッチ
◎木村”フィリップ”ミノル(2R1分43秒)近藤魁成×
上記の結果だけ見れば「そやろなあ」なんだけども
1R丁寧にジャブで距離を測ってた近藤が高いヒザを木村の顔面に入れ
ダウン奪った瞬間会場騒然!
力なくうずくまった木村の姿にこれまでかと思わせたが立ち上がり試合続行、
そこから木村冷静に自慢のパンチで攻めこみ右ストレートでダウンを奪い返す!
会場は大声援に包まれる。
怯まない近藤、立ち上がって猛攻に耐えながらヒザを入れる場面も。
2R、しかし流れは木村。ボディ攻めに近藤ダウン。
応援に後押しされるように立ち上がるも続けざまにダウンを奪われ試合ストップ、
木村が防衛!
なんだかんだ言って相手を立てるマイク、試合でハラハラさせるとこも含めて木村劇場!
しかし近藤魁成株も上がった一戦でした。


K-1 KRISH FIGHT女子アトム級王座決定戦
×C-ZUKA(3R1分34秒)高梨Knuckle美穂◎
長身で蹴り主体のC-ZUKAだが利点をうまく生かせず、
パワーがあり圧も強い高梨が試合を支配、3Rコーナーにつめて連打を
入れたところでレフェリーが試合を止め高梨が戴冠!


スーパー・フェザー級
×郷州征宜(0-3)友尊(ゆたか)○
1Rは友尊が気持ちよく思うように試合を運び、速いパンチ手数正確さで
上回るも、郷州の持ち味粘りと一発も怖い。
2Rここも友尊が手数で上回るも郷州のヒザ、ローが効いたか。
3Rごりごりと前に出る郷州、しかし友尊の右?でダウン!
後がない郷州が猛攻をかけ友尊が下がる場面作るもゴング、友尊判定勝利!


初代K-1 KRUSH FIGHTクルーザー級王座決定トーナメント
○RUI(3-0)植村真弥×
RUIが長身生かし植村の強パンチに耐え勝利。
◎K-Jee(2R1分24秒)杉本仁×
両者一発持つ選手だが見事にフック一閃K-JeeKO勝利。

スーパー・フェザー級
○朝久泰央(3-0)山本直樹×
朝久が持ち味の手数スピード足技で判定勝利!
山本は有利な打ち合いに持ち込む場面もあったが流れを掴ませてもらえず。

ライト級
○明戸仁志(本戦1-1、延長3-0)林将多×

フェザー級
×倉崎昌史(0-2)森坂陸○



プレリミナリーファイト
(3分3R)
ライト級
×安田学登(2R2分44秒)中島千博◎
空手出身らしい姿勢の中島がパンチ、蹴りで圧倒。

スーパー・バンタム級
×内田晶(うちだ・しょう)(2-1)晃弘○

2分3R
女子アトム級
○MOE(3-0)豊嶋里美×


"てらかわよしこ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.