忍者ブログ
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
てらかわよしこ
性別:
非公開
自己紹介:
キックボクシング大好き。
Fight&Lifeヨロシクお願いします。
お仕事絶賛承り中。
連絡先は
yossyfight★gmail.com(★を@に置き換えて下さい)
Twitter
最新コメント
[10/21 もやし]
[11/30 anmonite]
[06/23 はんさむ]
[06/23 はんさむ]
[11/15 バルコ43]
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
http://yossy119.blog.shinobi.jp/
~初心者のためのキックボクシング観戦講座ブログ~
WBCムエタイからお知らせ!

 

2011年11月4日にWBC国際式ボクシングと
WBCムエタイの世界タイトルマッチが
タイ・バンコクのナショナルスタジアムで開催される。
そのうち、日本人絡みの試合が3試合行われる。

メインは、前WBAスーパーフライ級チャンピオンの名城信男(六島ジム)が
タイのWBCスーパーフライ級世界チャンピオンの
スリヤン・ポー.チョークチャイに挑戦する。
スリヤンは、今年8月19日に強豪トーマス・ロハス(メキシコ)を判定に下し、
悲願の世界チャンピオンとなった。
名城は、今年の2月5日にロハスに挑戦し、敗れている。


一方、WBCムエタイの世界タイトルマッチにも二人の日本人が出場する。
WBCムエタイ・ライト級王座決定戦に
同級13位の増田博正(スクランブル渋谷)が、
ムエタイ界のスーパースター・ジョムトーン・チューワッタナを相手に戦う。
ジョムトーンは、WBCムエタイ・スーパーフェザー級現役チャンピオンで
一階級上げて、ライト級の王座を狙う。
勝てば、WBCムエタイでは、フェザー級、スーパーフェザー級に続いて
3本目のベルトとなる。
当初、10月2日に世界ランカー同士の対決となった
WBCムエタイ日本タイトルマッチで増田に勝った羅紗陀(キング)に
試合のオファーが来たが、
10月2日の試合で負傷したため、
暫く練習も出来ない状況とのことで辞退。
代理選手として世界ランキングに入っているということで
増田に白羽の矢が立った。



それともう一試合が
WBCムエタイ・スーパーバンタム級インターナショナルチャンピオンの
国崇(拳の会)が、
WBCムエタイ・スーパーバンタム級王座決定戦に出場する。
対戦相手は、タイのカイムックダム・チューワッタナである。
カイムックダムは、スーパーバンタム級のトップ選手で
今年の7月には、
ラジャダムナンスタジアム・スーパーバンタム級チャンピオンの
シリモンコン・PKステレオに判定勝ちをおさめた。


試合会場は、バンコク中心部の有名ショッピングセンターの
マーブンクローン横のナショナルスタジアムである。
市内電車(BTS)のナショナルスタジム駅で降りて、
すぐのところである。
入場料は、一律2,000バーツ(約5,000円)とのことだ。

2011年11月4日(金)バンコク・ナショナルスタジアム(マーブンクローン・ショッピングセンター横)
WBCスーパーフライ級タイトルマッチ
スリヤン・ポー.チョークチャイ vs 名城 信男(六島ジム)

WBCムエタイ・ライト級王座決定戦
ジョムトーン・チューワッタナ(WBCムエタイ・スーパーフェザー級チャンピオン) vs 増田 博正(WBCムエタイ・ライト級13位/スクランブル渋谷)

WBCムエタイ・スーパーバンタム級王座決定戦
カイムックダム・チューワッタナ(WBCムエタイ・バンタム級4位) vs 国崇(WBCムエタイ・スーパーバンタム級10位、WBCムエタイ・スーパーバンタム級インターナショナルチャンピオン/拳の会)


その他、
国際式ボクシング
WBCアジア・スーパーフライ級タイトルマッチ、WBCアジア・バンタム級タイトルマッチ、WBCアジア・スーパーフェザー級タイトルマッチ

ムエタイ
WBCムエタイ・スーパーライト級王座決定戦、WBCムエタイ・ミニマム級タイトルマッチ






ありゃりゃ羅紗陀ん・・・(´・ω・`)


PR
COMMENTS
お名前
URL
メールアドレス
パスワード
タイトル
コメント
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
"てらかわよしこ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.