忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
てらかわよしこ
性別:
非公開
自己紹介:
キック好きの漫画描きでやんす。
Fight&Lifeヨロシクぅ。
お仕事絶賛承り中ス。
連絡先は
yossyfight★gmail.com(★を@に置き換えて下さい)
Twitter
最新コメント
[10/21 もやし]
[11/30 anmonite]
[06/23 はんさむ]
[06/23 はんさむ]
[11/15 バルコ43]
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
http://yossy119.blog.shinobi.jp/
~初心者のためのキックボクシング観戦講座ブログ~

RISE4月7日大会のお知らせーっっ。

60kg級ドリームマッチ『板橋寛 vs 山本真弘』決定!!
RISEリングにあの山本真弘が初参戦!!
周知の通り山本は全日本キックボクシングで活躍し、
これまで手にした称号は同連盟フェザー級王者、
そして60kgのカテゴリーで行われた3つのトーナメント
(IKUSA -60kg GP、Kick Return、Krushライト級GP)を制覇し
“国内最強”の呼び声高い男。
対する現RISE 60kg級王者である板橋は
昨年1月に裕樹を破り同タイトルを獲得。
昨年だけでTURBφ、
尾崎圭司と強豪挑戦者を退け2度の防衛に成功。
そして現在破竹の9連勝中であり
RISE絶対王者の地位を築きつつある。
RISEとKrushで築いた“最強”の称号を手にした両者の対決、
山本が“国内最強”を証明するか。
それとも板橋がホームのリングで
絶対王者の強さを見せつけるのか!?
 
65kg級王者・吉本、NKB二階級王者・巨輝と対戦
昨年11月JCBホール大会で初代RISE 65kg級王者に
就いた吉本光志がチャンピオンとなり第一戦に臨む。
今回、対戦相手に決定したのは
元NKB二階級王者である巨輝[ナオキ]。
巨輝はこれまでNKBのフェザー級、ライト級のベルトを巻き
同連盟では敵なし状態であった。
これまで以上に強い相手を求め昨年12月連盟を脱退しフリー宣言。
そして戦いの場として選んだのはRISE 65kg級のリング。
初参戦で王者・吉本に挑むこととなり本当の実力が試される時。
巨輝の実力は?
そして吉本はチャンピオンとして器が問われる大事な試合でもある。
お互い一歩も譲れない戦いになることは必至である。
 
70kg級・白須、守屋が日韓対決。M-1ミドル級王者が初参戦
昨年のJCBホール大会メインイベントで龍二と
70kgタイトルとK-1MAX出場権を争った白須康仁の
2010年が始動する。
今回対戦相手に決定したオ・デュソクは今年1月の新宿FACE大会で
日菜太と戦い判定で敗れるも相手の左ミドルに屈しないで
得意のパンチで勝負を仕掛けた韓国の実力者。
白須にとってもRISE 70kg王者、
そしてK-1MAXに向けて負けられない戦いとなる。
また白須と同様日韓対決に挑むのは守屋拓郎。
対するオルチャン-Kとは、日本で山本優弥との対戦経験を持つ
“オルチャン”・クォン・ミンソクのことで、
これまで韓国格闘技界で様々なタイトルを総なめにしてきた
若干二十歳の猛者。
昨年のRISE70kgトーナメント準優勝と悔し涙を呑んでいる守屋にとって
韓国の実力者を破り再浮上を狙いたいところだ。
そして昨年M-1ミドル級王者を獲得した悠生[ゆうき]がRISE初参戦。
相手はRISE 70kg級のホープである森田崇文。
森田は昨年RISE70kg級新人王を断トツの強さで優勝し、
11月のJCB大会ではキャリアが数倍ある川端健司を判定で下し
現在5戦全勝。
森田がこれまでで最高の相手にどう挑むか注目である。
 
再起戦のTURBφがリョウ・ペガサスを迎え撃つ
これまでRISE60kg級で裕樹、中村敏射を下し
60kg級でトップの実力を発揮してきたTURBφだが
昨年後半はタイトル奪取失敗、
若手急上昇中の小宮山工介に敗れる結果となってしまった。
そして再出発の舞台としてこの後楽園大会で
J-NETWORKスーパーフェザー級2位の
リョウ・ペガサスとの対戦が決定。
RISE初登場のリョウは昨年
チームドラゴンの豪腕ファイターTSUYOSHIを破り、
木村天鮮のベルトに挑戦した経験を持つ。
TSUYOSHIとの戦いでみせた打ち合いの中で倒すパンチは
RISEルールでは最大の武器となるだろう。
初登場にしてRISE 60kg級トップ戦線に喰らえつくことは出来るのか、
それともTURBφがその牙城を守るのか!? 

≪決定カード≫
▼-60kg契約 3分3R 延長1R
板橋 寛(スクランブル渋谷/第2代RISE 60kg級王者)
山本真弘(藤原ジム/Krushライト級グランプリ2009王者)

▼-65kg契約 3分3R 延長1R
吉本光志(ヌンサヤームジム/初代RISE 65kg級王者)
巨輝(フリー/NKB二階級王者)

▼-70kg契約 3分3R
白須康仁(キングビースト/
      WMAF世界スーパーウェルター級王者)
オ・デュソク(水源闘魂ジム/世界ムエタイ連盟 ウェルタ-級王者)

▼-70kg契約 3分3R 延長1R
守屋拓郎(スクランブル渋谷/
      2009年RISE 70kgトーナメント準優勝)
オルチャン-K(清武ジム/韓国格闘技連盟ライト級王者)

▼-70kg契約 3分3R 延長1R
悠 生(スタレントネットワークス/M-1ミドル級王者)
森田崇文(レーング東中野/
       2009年RISING ROOKIES CUP 70kg級優勝)

▼-60kg契約 3分3R 延長1R
TURBφ(FUTURE_TRIBE ver.O.J/
     RISE FLASH to CRUSH TOURNAMENT'07王者)
リョウ・ペガサス(ROOFTOP ACADEMY/
          J-NETWORKスーパーフェザー級2位)

▼-70kg契約 3分3R
里獅ZLS(チームゼロス)
KEN(OGUNI-GYM/NJKFウェルター級7位)

▼-60kg契約 3分3R
金澤元気(新宿レフティージム)
大滝裕太(マルプロジム/
      2008年 KAMINARIMON 60kg級トーナメント準優勝)


≪オープニングファイト≫
▼RISING ROOKIES CUP 65kg級一回戦 3分3R 延長1R
松村直人(リアルディール)
宮坂俊明(峯心会)
 
▼RISING ROOKIES CUP 55kg級一回戦 3分3R 延長1R
菊地洋次朗(WSRフェアテックスジム)
山元幸也(アカデミア・アーザ水道橋)
 
 

≪RISE 63 大会概要≫
◇大会名:RISE 63(ライズ・シックスティスリー)
◇主 催:株式会社KGS
◇協 賛:スリーエー・ライフ株式会社
◇協 力:株式会社FEG

◇開催日:2010年4月7日(水)
◇時 間:開場17時30分/本戦開始18時30分(オープニングファイト17時45分)
◇会場:後楽園ホール(東京都文京区後楽1-3-61 青いビル5F)

◇入場料金:全席指定・消費税込み(当日は全席 500円増し) 
・VIP \15,000- ・SRS \10,000-  ・RS \7,000- ・A席 \5,000- ・B席 \3,500-

◇チケット発売所 3/6(土)一般発売開始
・チケットぴあ 0570-02-999(Pコード 815-987)
・イープラス(
http://eplus.jp/battle/)パソコン&携帯より購入可能
・KGS 03-3942-2135
・バウトレビュー (
http://www.boutreview.com
・後楽園ホール 03-5800-9999
・RISEオフィシャルホームページ(
www.rise-kgs.com

◇問い合わせ:KGS 03-3942-2135


なんか入り乱れて混沌としてまいりましたーっっ。
真弘選手はもちろん、
江戸の黒豹こと吉本光志対
元・連盟のナオキックこと巨輝ングも要チェック!

PR
COMMENTS
お名前
URL
メールアドレス
パスワード
タイトル
コメント
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
"てらかわよしこ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.