忍者ブログ
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
てらかわよしこ
性別:
非公開
自己紹介:
キックボクシング大好き。
Fight&Lifeヨロシクお願いします。
お仕事絶賛承り中。
連絡先は
yossyfight★gmail.com(★を@に置き換えて下さい)
Twitter
最新コメント
[10/21 もやし]
[11/30 anmonite]
[06/23 はんさむ]
[06/23 はんさむ]
[11/15 バルコ43]
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
http://yossy119.blog.shinobi.jp/
~初心者のためのキックボクシング観戦講座ブログ~
24日はNJKF。

同じ日にM-1もあり、梅
野源治選手の試合はもちろん
マニア心をくすぐるいいカードがほかにもあって
心引かれたのですが…(´・ω・`)

NJKFにはニモ選手がでるからね!・
・・ね!って。
キングジム所属も納得のリングネーム、
みかけは爽やかイケメン、
試合はブンブン丸系という逸材なんですが、
この日は苦手の首相撲で攻め込まれて
こらアカンわと思ったけど根性で持ち直して
なんとかドロー。
ほめられた試合ではないですな…
それに『格闘界のジャニーズ系』という
なんだか思いついたままひねらない
キャッチコピーもどうなんだ(´・ω・`)
キングジムらしいっちゃらしいけど・・・

さらに注目の鈴木翔也×鶴谷剛の同門対決、
おばちゃん的には
非情な強さでしょーやんに圧倒して欲しかったけど、
お互いの意地もあり判定で鈴木選手。
同門は難しいわ、そりゃ。
しかし!チャンピオンというのは
そういう理不尽な状況を乗り越えられるド変態
・・・いや
ハートの強い人にしか与えられない称号なんだと思う。

で。
そういう人の試合。
高橋誠治対大和哲也、
NJKF内で考えられる最も厳しいカードのひとつでしょう。
下馬評では哲っちゃん有利、
蹴りでどこまでセイセイが攻め込めるか?
1Rは距離をとった様子見・・・
と思いきやゴングと同時に炸裂した哲っちゃんの
左ボディにセイセイ苦悶の表情!
あまりに素直な表情だったのでブラフかと思った(*´∇`)
でもガチで効いてたそうで、
2Rキメにいった哲っちゃんのヒジをモロに受けて
動きの止まったセイセイ、
しかしヒザをつかなかった為
哲っちゃんはたたみかける。
ここでレフェリーが
「ダウン後の加撃」として試合をストップ。
確かにバランス崩してる相手への攻撃ではあったけども
倒しにかかってる時だったんで
反則と言い切れるかというと微妙。
ダウン宣告と同時にレフェリーがわけいるなど
何か方策があったのではなかろーか?
しばし話し合いの後、
「ダウン後の加撃はあったがその前のダウンが成立してる」
という旨(だったと思う(汗)
でもって大和哲也選手の勝利!!
う~む、
試合としては哲っちゃんの圧勝だったんだけんども
若干後味の悪さを残したことは否めない。

また健太選手も強烈なヒジで
喜入衆選手を倒しました~。
斬るだけでなく
一撃必殺のヒジって
かっこいい(*゚∀゚)=3
PR
COMMENTS
お名前
URL
メールアドレス
パスワード
タイトル
コメント
"てらかわよしこ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.