忍者ブログ
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
てらかわよしこ
性別:
非公開
自己紹介:
キック好きの漫画描きでやんす。
Fight&Lifeヨロシクぅ。
お仕事絶賛承り中ス。
連絡先は
yossyfight★gmail.com(★を@に置き換えて下さい)
Twitter
最新コメント
[10/21 もやし]
[11/30 anmonite]
[06/23 はんさむ]
[06/23 はんさむ]
[11/15 バルコ43]
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
http://yossy119.blog.shinobi.jp/
~初心者のためのキックボクシング観戦講座ブログ~
3月24日はRISEでしたーっ。 

メイン-92k契約 
◎清水賢吾(2R1分27秒)”Hitter”デビッド・トラレッロ× 
パワーと的確さで上回る清水が勝利。 

第三代フェザー級王座決定トーナメント準決勝 
○森本”狂犬”義久(3-0)宮崎蹴斗× 
ガンガン攻める森本だったが 
後半目に見えて大失速、も貯金が効いて判定勝利。 

◎工藤政英(2R1分43秒)篠塚辰樹× 
ボクシング出身の篠塚のパンチの猛攻に耐えた工藤が
ロー地獄に追いこみ倒しきる。 

デビュー2戦目の篠塚にはちと過酷な一戦だったか。 


スーパーフェザー級 
○野辺広大(3-0)鷲尾亮次× 
ラウンドの前半後半でポイント取り合う熱戦、 
お互いの意地の見える好試合でした! 

-67.5k 
○”ブラックパンサー”ベイノア(3-0)憂也× 
立ち上がりからベイノアペース、 
憂也は手数が足りないイメージ。 

-53k 
×瀧谷渉太(0-3)金子梓○ 
しり上がりにペースを掴んだ金子が勝利。
気持ちも身体も頑丈そうで好印象。 

-58k 
×泰良拓也(1R2分18秒)藤田大和◎ 

スーパーフェザー級 
×アイオロス純(2R2分06秒)原口健飛(はらぐち・けんと)◎ 

バンタム級 
×佐藤九里虎(0-3)結城将人○ 



PR
3月21日はK-1、 
さいたまスーパーアリーナでK-FESTAでした~(´▽`) 
11時30分プレリミナリーファイト開始、 
全19試合(+プレリミナリーファイト4試合)、 
そして・・・雪。 
戦うものにも観るものにも過酷な一日となりましたがさて!? 


第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント一回戦 
×卜部弘嵩(延長0-3)皇治○ 
◎小宮山工介(1RKO)スアレック・ルークカムイ× 
○武尊(3-0)スタウロス・エグザコスティディス× 
○郷州征宜(3-0)デニス・ウォーシック× 
リザーブファイト 
×横山巧(0-2)大岩龍矢 

準決勝 
×皇治(0-3)小宮山工介◎ 
何より小宮山の試合巧者っぷりが皇治を大きく 
上回った印象の一戦でした。 

◎武尊(1RKO)郷州征宜× 
前へ前へ出る郷州をスピードで圧倒した武尊、 
最後は右でタフネス郷州を倒しきる。 

決勝 
◎武尊(3RKO)小宮山工介× 
1Rとにかく足を使い動き回って武尊に的を絞らせない小宮山。 
小宮山がバックキックをみせれば武尊はバックブロー。 
2R、ここも回って回っての小宮山だが 
武尊がじりじりと圧をかけミドル、ボディ、膝と攻める。 
小宮山も動き続けるが手数と積極性で武尊か。 
3R、距離をとってバックキック、くっついて押し込む小宮山だが 
武尊の左ボディ?でダウン。 
さらにミドルからの右でダウン、最後は右、 
倒しきった武尊が戴冠! 
メイン、そして看板選手にふさわしい締めっぷりでした! 


試合順は前後しますが・・・ 

ウェルター級タイトルマッチ 
○久保優太(3-0)メルシック・バダザリアン× 
差がつけづらい拮抗した展開となりましたが 
久保の左ローが好印象。 

ヘビー級タイトルマッチ 
×アントニオ・プラチパット(0-3)ロエル・マナート○ 
王者が精彩をかく面もあり 
積極的に攻めたロエルが王座奪取。 
二世好きの私、グッとくる(´▽`) 

スーパーファイト 
女子-50k契約 
○KANA(0-3)ポリナ・ペトゥホーヴァ× 

スーパー・バンタム級 
○軍司泰斗(3-0)登坂匠× 

スーパー・ライト級 
○中澤純(2-0)左右田泰臣× 


スーパー・ライト級タイトルマッチ 
◎野杁正明(3RKO)大和哲也× 
1R、両者気負いを感じない立ち上がりだったが 
野杁の飛び膝で終盤に大和がダウン。 
2R、大和がパンチのコンビネーションで攻めれば 
野杁はハイキック、膝。緊張感高まる。 
3R、何としてもポイント奪わねばならない大和、 
フック、ボディ、ストレートとパンチで出て 
バックブローを連発。野杁はボディ打ち、膝、ミドル。 
大和の猛攻を膝連打で止めミドル、ボディ、右と連打を 
浴びせかけたところで大和の動きが止まりスタンディングダウン。 
再開後も野杁がハイ、ヒザ、フックで攻めこみ 
レフェリーが試合を止めて野杁正明防衛! 
恐ろしい子や・・・ 
あんたはやっぱり恐ろしい子やった! 
またこの試合ではレフェリーの素早い的確な判断が印象的。 

スーパー・ウェルター級タイトルマッチ 
◎チンギス・アラゾフ(2RKO)日菜太× 
1R、アラゾフがハイ、ロー、ボディ、ミドルと多彩に攻め 
日菜太もミドル、奥足に狙いを定めローを返すが 
アラゾフの左ハイでダウン。 
2R、開始すぐに日菜太が攻めに出たところに 
アラゾフの近距離からの左フックが入って日菜太ダウン、 
そのまま立てずアラゾフがKO勝利。 
ため息のもれる堂々の防衛っぷり。 

スーパーファイト 
ウェルター級 
◎木村”フィリップ”ミノル(1RKO)平山迅× 

ウェルター級 
○城戸康裕(3-0)イッサム・チャディッド× 

スーパー・ライト級 
×ゲーオ・ウィラサクレック(2RKO)平本蓮◎ 


ライト級タイトルマッチ 
×ウェイ・ルイ(2RKO)卜部功也◎ 
ウェイが契約体重を守れず王座剥奪、 
減点1、グローブハンデマッチになってしまった一戦だったが 
卜部功也が左ストレートで鮮やかに倒して新王者に! 

スーパー・バンタム級タイトルマッチ 
◎武居由樹(1RKO)久保賢司× 
開始早々の武居のハイキックで久保明らかに効く。 
さらに武居はボディでダメージ与えて右でダウンを奪う。 
立った久保にさらにハイ、右をぶちこみ武居防衛! 
たたみかけっぷりに無慈悲な壊し屋感たっぷり!



プレリミナリーファイト 
ライト級 
◎佐野純平(3R)松村英明× 

ウェルター級 
×加藤虎於奈(かとう・こおな)(0-3)瑠久(るーく)○ 

ライト級 
×原翔大(はら・しょうた)(1RKO)近藤魁成(こんどう・かいせい)◎ 

スーパー・フェザー級 
×闘士(1RKO)覇家斗(はやと)◎ 



長かった大会ですが 
終わってみれば
怒涛のKOあり緊張感あふれる試合あり、
山あり谷あり、 

退屈させない展開でありました。 
外は寒風なれども 
オレがヒーローになるんだという貪欲さと 
自分が大会を盛り上げるんだというプライド 
どちらも春風のように心地よい一夜でした(´▽`) 



3月10日はKrushでしたー! 

メイン、
‐58kタイトルマッチは 

西京春馬×村越優汰というテクニシャン対決。 
まずは両者自分の距離を測る。 
村越の蹴り・西京のハンドスピードがそれぞれ好印象。 
2Rもフェイントいれつつ騙しあい探りあい、 
村越のペースにはさせない西京、というカンジ。 
3R、ここは両者明確なポイントを取りたいところだが 
拮抗しててこれという山場見せ場を観客に提示できずゴング。 
判定はドロー、延長へ。 
延長ラウンドはパンチの西京・蹴りの村越、
お互い自慢の技を多用する展開となり 
判定は2-1と割れ西京が薄氷の防衛! 
個人的には本戦西京が延長は村越がやや優勢だったかなと感じた、 
そんな僅差の試合でした。 

‐65k次期挑戦者決定トーナメント準決勝の二試合。 
中村広輝×FUMIYAは 
開始早々からFUMIYAが殺気たっぷりに攻め込む。 
バックキック、ミドル、そしてローと攻めこのラウンド取ったか 
…と思った終盤に中村のパンチが
それこそボカーン! 
と命中しFUMIYAがダウン。 
なおも中村が攻め込んだところでゴング。 
騒然とする中2R。試合は派手な打ち合いになり、 
今度は中村がバックブローでダウン、ダメージ大。 
3R、FUMIYAがミドルを連発、右ストレートで中村ダウン。 
何とか立つもその目に力が感じられない。 
試合は続行されたがバックブローでばったり倒れ 
レフェリーのストップと同時にタオル投入、 
FUMIYAがKO勝利! 
劇的な展開に試合が終わっても場内はしばらくザワザワ。 
担架退場する中村にも観客から拍手が送られました。

篠原悠人×細越貴己。 
足を使いパンチと蹴り多彩に攻める篠原が圧倒、 
細越血みどろになりながらも立ち向かい試合は判定に。 
3-0で篠原が快勝。 

-60k次期挑戦者決定戦、 
島野浩太朗×山本直樹。 
開始早々島野が蹴りとパンチでガンガン前に出る。 
島野ペースになるかと思われたが山本が膝で迎撃、 
と思った瞬間島野のパンチで山本がダウン。 
逃さず島野が攻め込み左で二回のダウンを追加し 
島野がKO勝利! 

-58k、佐野天馬×芦澤竜誠。 
1R、佐野ミドル・ローと攻めるが 
足を使う芦澤が思い通りに攻めさせない印象。 
2R、自分の試合にしたい佐野、パンチ・膝・ロー。 
芦澤回って下がって蹴り・パンチと動きまくり 
さらに接近しては肩で押してパンチをねじ込む。 
3R、ゴングが鳴る前から左右に身体を揺する芦澤、 
ここも回って蹴り、押し込んでパンチと攻めの姿勢を貫く。 
一方佐野は最後まで自分のペースにできずゴング、 
判定0-2、芦澤勝利! 
何がなんでも勝つ!という意思を感じさせてくれた試合でした。 

-63k、 
大沢文也×恭士郎。 
テクニシャン大沢と前へ前への恭士郎の一戦は 
そのままの持ち味で展開し一進一退、延長戦へ。 
ここでガムシャラに前へ出た大沢が白星もぎとり判定勝ち。 

-55k注目の10代対決、 
椿原龍矢(つばきはら・たつや)×玖村将史(くむら・まさし)。 
1R、前へ出る玖村、足を使う椿原。 
お互いボディにいいパンチを入れあう。 
玖村が右のカウンターでダウンを奪う。 
2R、ここは椿原が蹴り、膝、パンチで攻め 
玖村も手数が大人しくなりイーブンか。 
3R、パンチ、ミドル、ハイと攻める椿原、 
前のラウンドから流れが椿原に傾いたかに思われたが 
終盤に玖村の右で再び椿原がダウン。 
玖村判定勝利! 

-63k 
稲石竜弥×”バズーカ”巧樹。 
トリッキーに攻めハイキックもらっても倒れない 
タフネス稲石に巧樹攻めあぐね苦しむも判定勝利。 

-53k 
○隼也ウィラサクレック(不戦勝)小只直弥× 
※前日計量で倒れた小只ドクターストップの為。 


プレリミナリーファイト 
-60k 
×林京平(2R)川口拓真◎ 

-58k 
○三輪裕樹(2-0)足利和正× 

-60k 
○谷中蒼空(やなか・そら)(3-0)久保一馬× 




2月25日はNJKFでした! 

メインWBCムエタイ日本統一フライ級王座決定戦、 
能登龍也×タネヨシホ。 
1Rから前のめりで攻撃態勢の能登に対し 
蹴り主体のタネ、終盤に上手く左ヒジを入れる。 
2R、ヒジで能登の右目尻が腫れている。 
ミドル、ボディ打ちの能登に対しロー、ヒザのタネが 
組んでは崩し流れを掴んでいく。 
3R、ボディ狙いの能登。再三蹴り足をキャッチしたり 
軸足を払ったり組んで崩し削るタネ。 
4R、ここも組んで押し込んでヒザ、ミドルキックのタネ。 
何とか打開したい能登終盤にパンチを大振りする場面も。 
5R、飛びヒザを見せるタネ、さらにヒジヒザ。 
能登の強打はついに爆発せずゴング。 
判定3-0でタネが王座に。 
タネヨシホ、 
5Rを組み立てて上手く戦い抜く力と技術を持ってるという印象! 

WBCムエタイ日本統一ライト級タイトルマッチ、 
小川翔×NAOKI。 
色白スンナリ体型の小川に対し 
テッカテカで黒マッチョなNAOKI。 
1R、お互いローを蹴り合う立ち上がり。 
2R、距離感掴んだか小川のヒザが好印象、 
さらにヒジで切ってみせ 
出血したNAOKIに二度のチェックが入る。 
3R、今度はNAOKIのヒジで小川をカット。 
ヒジ合戦に会場もヒートアップ、 
しかしここも小川のヒザ、テンカオがいい。 
4R、その攻撃が効いてきたかNAOKIの手数が減る。 
小川がヒザ、ボディ打ちと攻め込む。 
5R、NAOKIは左ストレート、アッパーで攻めるも 
小川のミドル、ヒザ、さらにヒジパンチ。 
判定3-0で小川が防衛! 
技の引き出しの多さで小川が完勝した一戦だが 
NAOKIも粘りをみせた。 

WBCムエタイ日本統一スーパーウェルター級タイトルマッチ、 
白神武央(しらが・たけお)×YETI達朗。 
1RからYETIが前に出て受けに回る白神。 
2Rしかしここは白神目を覚ましたラウンドに。 
3R、ヒジ、ミドルと白神が先手を取るも 
ロー、ヒザでYETIが踏ん張りをみせる。 
4R、サウスポー対オーソドックスの為か再三頭が当たる。 
ヒジ、ヒザの白神、ミドル、ローのYETI。 
5R、組みついて膠着する場面があるも 
YETIがパンチ・ヒザでがむしゃらに攻める姿勢をみせる。 
判定は2-0僅差でYETIが戴冠! 



59k契約交流戦3R、 
新人(あらと)×岩城悠介。 
1R、岩城の右で新人がダウン!なんとか立つも 
岩城の猛攻にさらされ、アッパーからフックで再びダウン、 
レフェリーが試合を止め岩城が1RKO勝利! 

WBCムエタイスーパーバンタム級次期挑戦者決定戦、 
波賀宙也(はが・ひろや)×前田浩喜。 
1R、ゆったり立ち上がりの波賀、パンチで攻める前田。 
2R、波賀のローにパンチをあわせる前田。 
波賀は組みついてヒザ。組んでは崩す。 
3R、波賀のヒジで前田がダウン! 
挽回すべく前田が猛攻も波賀組みヒザで勢いを止める。 
判定3-0で波賀が勝利。 

(55k契約) 
×大田拓真(0-3)ダウサヤーム・ウォーワンチャイ○ 

(NJKFスーパーライト級王座挑戦者決定トーナメント) 
◎真吾YAMATO(1R2分32秒)嶋田裕介× 

(66k契約交流戦) 
×TAaaaCHAN(たーちゃん)(0-2)梅沢武彦○ 

(バンタム級) 
×日下滉大(0-3)俊YAMATO○ 

(スーパーバンタム級) 
○久保田雄太(3-0)永井健太朗× 

(スーパーライト級) 
×村中克至(1-2)野津良太○ 


WBCムエタイ王座関係の試合が多かったのに
ワイクルーが全員簡易版やったのがちょっと残念なのと、
5Rの試合は5Rの試合展開をキッチリ自分で構成できる選手が
勝つんやなと再認識した次第。


Fight&Life vol.65絶賛発売中!
さ~て今回の「やる気まんまん!」は…
目白ムエタイスポーツジムクレイン
一戸総太代表と小田巻洋子選手とムエササイズで
やってまーれやってまーれヽ(・∀・)人(・∀・)ノ
本誌持参で新入会特典アリ!
よろしくお願いいたします!

 

2月18日はREBELSでしたーっ。 

メインはルンピニースタジアム認定ライト級王座決定戦、 
3分5R、インターバル2分、 
クラップダム・ソー・チョー・ビャッウターイ×梅野源治。 
簡易ワイクルーのクラップダムに対して
四方に挨拶するように
丁寧に舞う梅野。 

1R、お互いローを蹴り合い様子見状態か。 
梅野の蹴りを盛んにキャッチするクラップダム。 
梅野挨拶代わりのヒジをみせる。 
2R、クラップダムのロー。奥足も蹴る。 
梅野パンチ、ヒジ。クラップダムの左ボディも好印象。 
3R、ミドル・パンチ・ヒジと攻め込む梅野。 
クラップダム左ストレート、ヒジ、奥足ロー。 
ラウンド終盤は乗ってきたクラップダムの左ストレートで 
梅野が仰け反るシーンもあり、さらにミドル、組んで膝と 
クラップダムが攻め込む。 
4R、場内も流れがクラップダムに傾いたのを察知してか大声援、 
源治コールに送り出された梅野は積極的に前へ。 
組み付いての膝の攻防からさらに前進しようとする梅野に 
クラップダムの左ストレートがドンピシャ、梅野がダウン! 
なんとか立ち上がるもクラップダムの猛攻にさらさ試合ストップ、 
気がつかなかったがタオル投入されていた模様。
クラップダムTKO勝利で戴冠! 



スーパーバンタム級3R、 
宮元啓介×小笠原裕典(おがさわら・ゆきのり)。 
リーチ差に宮元どう対抗するか? 
1R、小笠原はインロー、ミドル。宮元も強い左ミドル。 
2R、ロー蹴り合いから小笠原が左右のボディ。 
宮元もパンチ・膝・ミドル、バックキックも見せて好印象。 
3R、宮元パンチ・ミドル・組んで膝。 
小笠原も膝、ヒジを出す。 
判定は三者とも29-29、ドローとなった。 

スーパーライト級3R、 
橋本悟×潘隆成(ぱん・りゅんそん)。 
1R、距離詰めてパンチ打ちたい橋本とそうはさせない潘の攻防。 
2R、ヒザ、ミドル、前蹴りと足技の数では潘、 
橋本もバックキックをみせたりパンチで仰け反らせるシーンを作る。 
3R、ここは強引に攻め込みパンチをふるう橋本がイメージ良く、 
潘返すも後手にまわった印象。 
判定は1-0、ドロー。 
ダブルセミファイナル2試合は5回戦で再戦…なんてのは
どうでしょう(´▽`) 



スーパーバンタム級 
×炎出丸(ひでまる)(0-3)KING強介◎ 

スーパーウェルター級 
○UMA(ゆうま)(3-0)小鉄× 

ライト級 
×大谷翔司(3R52秒)雅駿介◎ 

REBELSMUAITHAIスーパーフライ級王座決定リーグ戦 
○JIRO(3-0)濱田巧× 
○老沼隆斗(3-0)蓮沼拓矢× 

フェザー級 
○千羽裕樹(ちば・ゆうき)(2-1)原島モルモット佑治× 

フェザー級 
○三浦翔(みうら・かける)(3-0)津上勇二× 


オープニングファイト 
58k契約 
×梅津直輝(1R2分07秒)鈴木宙樹(すずき・ひろき)◎ 

72k契約 
◎吉田英司(3R0分24秒)佐藤ウィラサクレック× 
"てらかわよしこ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.