忍者ブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
てらかわよしこ
性別:
非公開
自己紹介:
キック好きの漫画描きでやんす。
Fight&Lifeヨロシクぅ。
お仕事絶賛承り中ス。
連絡先は
yossyfight★gmail.com(★を@に置き換えて下さい)
Twitter
最新コメント
[10/21 もやし]
[11/30 anmonite]
[06/23 はんさむ]
[06/23 はんさむ]
[11/15 バルコ43]
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
http://yossy119.blog.shinobi.jp/
~初心者のためのキックボクシング観戦講座ブログ~

11月7日大会目前!!
出場選手インタビューがとどきました!


得意のパンチでベルトを獲ります!

nakajima.jpg

8月の後楽園大会で大方の予想を覆して
米田貴志を破りNJKFフェザー級王者となった中嶋平八に
早くも次のチャンスが巡ってきた。
初代王者・心センチャイジムが返上して空位となった
WBCムエタイ日本フェザー級王座獲得のチャンスである。
だが、認定試合にはこれ以上なく厳しい相手が用意された。
元ムエタイ2冠王、来日以来9戦無敗のデンサイアムだ。
昨年10月には現K-1・63kg級日本王者・大和哲也をも完封している
デンサイアムの闘いは、まさに「ムエタイの壁」そのもの。
この高い壁を越えなければ、2本目のベルトは手に入らない。
もちろん、中嶋は勝算を持ってこのリングに上がる。
米田戦でも冴えたパンチテクニックを駆使し、
デンサイアムの得意な距離には入らずに試合を制する構えだ。
デンサイアム越えは確かに大仕事だが、それだけにやりがいもあり、
ベルトというリターンも大きい。
中嶋が2大会連続のメインでその存在感を存分にアピールするか、
注目!

中嶋平八選手コメント
「8月のタイトルマッチは全部出し尽くせて、いい感じでした。
 チャンピオンにはなりましたが、変わらず練習を続けています。
 今回はせっかく回ってきたチャンスなので、
 一つずつ獲っていきたいと思っています。

 デンサイアムはうまいですし、
 テクニックもキャリアも向こうの方が何倍も上なので、
 勝てるとしたら体力をつけて、得意のパンチでいきたいです。
 ミドルもうまいですけど、首相撲が一番怖いですよね。
 なるべく首の展開にならないように、
 パンチを使ってやっていこうと思います。

 メインですがいつも通り、
 応援してくれる人、見てくれる人に
 面白いと思ってもらえる試合をしたいと思っています。

 自分が得意なのはパンチしかないというか、
 全体的にレベルが高くないので
 パンチはできるかなというぐらいです。
 ただ、見てもらいたいのは絶対負けたくない
 という気持ちの部分ですね。
 ベルトを獲る自信は、もちろんあります。
 練習もバッチリやっているので」



 ヒジで切って、言いたいことが2つあります!

s-azuma101101.jpg s-azuma101101_2.jpg

今年1月、NJKF初の女子王者(フェザー級)となったAZUMAが、
今度はヒジ打ちも認められるWBCムエタイルールの一戦に挑む。
相手はWBCムエタイ・オーストラリア女子フェザー級王者のメリッサ・ノートンだ。
メリッサは今回が初来日で、19歳の新鋭。現
地では「エルボー・プリンセス」の異名を取るアグレッシブなファイターだという。
日本ではまだ数えるほどしか行われていない女子のヒジありの試合だが、
AZUMAはこのルールでの試合が組まれると決まった時点から
ヒジの練習を開始。
実際にミットに打ち込むようになったのはここ2週間ほどだ。
だが、実際に彼女の練習を取材してみると、
その言葉がウソなのではないかと思えるほど。
山崎将会長の持つミットにヒジ、バックヒジを打ち込む様子は、
とても付け焼き刃とは思えないぐらい堂に入ったものだった。

AZUMA本人はヒジありの試合が組まれると聞いて、
喜んで受けたのだという。
「ヒジで相手を切って、客席に向かって(ヒジを指差すポーズをしながら)
 こうやってアピールするのがやりたいんですよ。
 男子の選手がやってるのを見て、
 カッコいいな、やってみたいなと思っていたので」
と笑いながら話す。
本当に試合でヒジを出せるかはやってみないと分からないが、
どういう試合になるかは自分でも楽しみ」という。
ルール上はヒジが焦点になりそうだが、
彼女の武器はもちろんヒジだけではない。
女子選手としては異例なほど高いKO率を誇るパンチ、
特にジャブのキレは多くの関係者が認めるほどで、
現に練習では男子選手からダウンを奪うことも珍しくないという。
また本人は「まだまだ下手くそで」と謙遜するが
ミドルキックも十分な説得力を持っている。
場合によっては、ヒジの展開になる前に
AZUMAが仕留めてしまう可能性も高い。

勝てばWBCムエタイ女子ランキング入りも見込まれ、
いよいよ世界に向けての躍進も期待されるAZUMAだが、
今回、試合後には言いたいことがあるのだという。
「どうしても言いたいことが2つあるんです。
 それを言うためにも、勝たないといけないですね」
と気を引き締める。
本人の理想は、ヒジでカットしてTKO勝ちし、ヒジを指差してアピール(笑)、
そしてマイクで言いたいことを言う、という流れ。
果たしてそれは現実のものとなるのか。
NJKF女子にとっても大一番となる一戦が、いよいよ間近に迫ってきた。
(取材・写真/高崎計三)



対戦カード

WBCムエタイ日本フェザー級王座認定試合 3分5R
NJKFフェザー級王者          元WMC&ルンピニー・バンタム級王者
中嶋平八 VS デンサイアム・ルークプラバーツ
(誠至会)           (タイ/センチャイムエタイ)


63kg契約(ヒジなしルール) アグレッシブマッチ 3分3R(延長1R)
    NJKFライト級王者         J-NETWORKライト級王者
一輝 VS 黒田アキヒロ
(OGUNI)   (フォルティス渋谷)


70kg契約(ヒジなしルール) 3分3R
NJKFウェルター級王者   J-NETWORKスーパーウェルター級4位
大和侑也 VS 川端健司
(大和)   (チームドラゴン)


WBCムエタイルール 国際戦 2分5R
NJKF BONITA BOXEOフェザー級王者 WBCムエタイ・オーストラリア女子フェザー級王者
AZUMA VS メリッサ・ノートン
(y-park)   (オーストラリア)


BONITA BOXEO 47kg契約 3分3R
 NJKF BONITA BOXEO アトム級王者    NJKF BONITA BOXEO アトム級1位
Mai VS 山田純琴
(健心塾)   (y-park)


53kg契約 アグレッシブマッチ 3分3R(延長1R)
NJKFバンタム級2位      J-NETWORKフライ級1位
幸二郎 VS 山野寛之
(OGUNI)   (チームドラゴン)

63kg契約 アグレッシブマッチ 3分3R(延長1R)
元J-NETWORKライト級王者       NJKFライト級4位
細野岳範 VS 畠山隼人
(チームドラゴン)   (E.S.G)


スーパーライト級 アグレッシブマッチ 3分3R(延長1R)
NJKFスーパーライト級2位      NJKFライト級9位
須釜和成 VS 浅瀬石真司
(拳粋会)   (東京町田金子)


ウェルター級 アグレッシブマッチ 3分3R(延長1R)
NJKFウェルター級7位      NJKFウェルター級9位
DAI VS 真琴
           (誠至会)   (インスパイヤード・モーション)


バンタム級 3分3R
チャンジュ VS 梅沢武彦
(OGUNI)   (東京町田金子)


【大会概要】
熱風 拾

2010年11月7日(日)東京・後楽園ホール
OPEN PM4:45 START PM5:00

主催:ニュージャパンキックボクシング連盟

【チケット料金】
特別RS席 12,000円(当日12,500円)
RS席 10,000円(当日10,500円)
S席 7,000円(当日7,500円)
A席 5,000円(当日5,500円)
B席 4,000円(当日4,500円)
C席 3,000円(当日3,500円)

【チケット販売所】
チケットぴあ
 TEL 03-5237-9999
 TEL 00570-02-9977(全国共通)
後楽園ホール
 TEL 03-5800-9999
NJKF事務局
 TEL 03-6912-7247
出場選手所属ジム

お問い合わせ:ニュージャパンキックボクシング連盟 03-6912-7247

 


PR
COMMENTS
お名前
URL
メールアドレス
パスワード
タイトル
コメント
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
"てらかわよしこ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.