忍者ブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
てらかわよしこ
性別:
非公開
自己紹介:
キック好きの漫画描きでやんす。
Fight&Lifeヨロシクぅ。
お仕事絶賛承り中ス。
連絡先は
yossyfight★gmail.com(★を@に置き換えて下さい)
Twitter
最新コメント
[10/21 もやし]
[11/30 anmonite]
[06/23 はんさむ]
[06/23 はんさむ]
[11/15 バルコ43]
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
http://yossy119.blog.shinobi.jp/
~初心者のためのキックボクシング観戦講座ブログ~
8日はKrush.でした!

後楽園ホールでの昼間の大会。
オープニングファイトにつづいて
WILDRUSHLeague2012の最後の試合が行われましたー。
キックボクシング界では珍しいリーグ戦、
優勝者へのご褒美はタイトルへの挑戦権。
1試合目は「ビリ決定戦」
寺崎直樹×NOMAN。
友人同士だという二人の戦い、
セコンドの指示を聞かず正面に立ち打ち合いを
のぞんでいる様な寺崎選手に
NOMAN選手は冷静に熱くなりすぎることなく
飛び膝を決め、ばったりと倒れた寺崎選手KO負け。
つづく塚越仁志×TaCaは
KO勝ちでかつ首位の山崎選手が負ければ、
の条件付で優勝の目がある塚越選手が猛
然と倒しにかかる。
TaCa選手も倒し合いに応じ
両者前のめりな為かバッティングを繰り返す
まさにワイルドな試合になり、
逆にTaCa選手が3度のダウンを奪い
後のない塚越選手の最後の猛攻をなんとか耐え凌ぎ
判定勝利!
山崎選手の優勝がここで決定。
最後の山崎秀晃×高橋幸光は、
山崎選手の強打炸裂のシーンはなかったが
判定勝利おさめた。
ユッキーナ、左ミドルもっと蹴って欲しかったな~、
効いてたと思うんやけどなあ。
・・・ポイントにならへんねんけど(・∀・)
とにかく!
激戦を戦い抜いた6選手、
本当にお疲れ様でした!!
ザキヤマさんにはトーマスに絶対勝って
厳しいリーグ戦を戦い抜いた男の強さを証明して欲しい。
他の選手にもなんかご褒美あるといいな。
いや、そのまえにみんなゆっくり休んでもらおう…。


板橋寛×後藤勝也は
まさに「まだまだ早い」という展開で板橋選手完勝。
ただ、この試合はもう少し早く止めるという判断もあったのでは
と思いました。

‘狂拳’竹内裕二×大沢文也のワルワル対決、
これも「まだまだ・・」と思わせるかと思ってたら
1R先にダウンを奪ったのはなんと大沢選手!
その後もダウンくさく吹っ飛ぶ狂拳ちゃん、あやうし!
と思ったら2R今度は狂拳ちゃんが左フック?でダウン奪い返す。
ここぞと攻め込み二度目のダウン、
これまでかと思ったら大沢選手の左フックで
またも狂拳ちゃんがダウン!
もうポイントがわけわからん…(汗
3R、打ち合いハイになってるのか両者激しいパンチの応酬、
やや疲れが見えたところで竹内選手の右で大沢選手ダウン!
つづけて左フックでまたも倒れた大沢選手の
足元がおぼつかないのをみたレフェリーがストップ、
狂拳ちゃんへろへろになりながらもなんとか勝利!

石川直生×翔・センチャイジムは
「片手首取り膝合戦」になるかと思いきや、
石川選手のストレートをもろにもらう翔選手が鼻血を出し、
ノってきた石川選手だったが逆に左ストレートを食らいダウン!
攻め込む翔選手に今度は石川選手の膝がヒットしダウン!
この時バランスを崩して倒れた石川選手がニュートラルに下がらないまま
ダウンカウントが進行した為、
観客には両者にダウンコールがされたと思わせたのでは。
そのためかインターバル時に「翔のみダウン」とアナウンス。
この後は接近戦に持ち込みたい翔選手と
動いて突き放す石川選手という展開となり
石川選手が判定勝利。

城戸康裕選手がラドウィック・ミレー選手に完勝し
リング上で山本優弥選手のモノマネ披露、
微妙な・・・いや、けっこうウケてました(*´∇`)
メンチ切りでしめた煽りVもなかなか良い仕上がりだった。

メインは卜部弘嵩選手が曲者グザヴィエ・バスター選手に苦戦、
本戦はややグザヴィエかというドローで延長へ。
延長ラウンドもなかなか突破口が見出せない弘嵩選手だったが
パンチによりグザヴィエ選手負傷でドクターチェック、
すぐストップがかかり試合終了。
弘嵩選手の勝利コールに場内は状況がのみこめず、ざわつく。
キックボクシングであれば
肘等有効打でカット→ストップということは
よくみられる展開だが
Krushではあまりお目にかからないんで
わかりにくかったというのもあるんだろうし
大量出血というわけでもなかったからなおさらで、
何より弘嵩選手が優位に攻め込んでカットした…という状況でなかった為
しりずぼみ感が否めなかったかも。
試合後、会見で笑みもなく
反省モードの弘嵩選手だったのでした!
メインイベンターはつらいよ、の巻。




 
PR
COMMENTS
お名前
URL
メールアドレス
パスワード
タイトル
コメント
"てらかわよしこ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.