忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
てらかわよしこ
性別:
非公開
自己紹介:
キック好きの漫画描きでやんす。
Fight&Lifeヨロシクぅ。
お仕事絶賛承り中ス。
連絡先は
yossyfight★gmail.com(★を@に置き換えて下さい)
Twitter
最新コメント
[10/21 もやし]
[11/30 anmonite]
[06/23 はんさむ]
[06/23 はんさむ]
[11/15 バルコ43]
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
http://yossy119.blog.shinobi.jp/
~初心者のためのキックボクシング観戦講座ブログ~
1月12日はJ-NETWORKでした。 

この日のメインは 
鈴木真治×潘隆成(ぱん りゅんそん)の 
スーパーライト級王座決定戦。 
鈴木は藤原ジムの中堅どころ、 
潘は無敗ながらまだ7戦目ということで 
どこまで潘がくらいついていけるか?が見所。 
試合は藤原ジムらしくローとパンチの鈴木に 
リーチの長い潘がヒザを中心に攻め、 
2Rからは組みヒザでやらしく印象付ける。 
パンチもくらい、またローも効いてはいるのだろうが 
ポーカーフェイスの潘は何とか5Rを乗り切り
判定はドロー、延長戦へ。 
潘ここまででいっぱいいっぱいだったのか 
ここからエンジン再燃できる鈴木が凄いのか 
鈴木の猛ラッシュに耐え切れず潘ダウン、 
立ち上がることができず鈴木真治が初戴冠! 
強烈な倒しっぷりなのに 
マジメなマイクで場内も和みました(*´∇`) 
潘も今後も期待したいです。 

そんでもってデビュー戦ながら 
休憩明けの試合、南側から入場曲つきで登場した 
立嶋挑己(たてしま いどむ)は御存知 
セコンドにもついてる立嶋篤史の息子。 
仕草がもうお父さんそっくりで・・・ 
ちょっと・・・ 
おばちゃんはなあ、 
あんたのお父さんがいてへんかったら 
キックファンになってへんかってんで・・・ 
などという思いがこみあげて 
開始前から涙が出そうになる始末。 
試合は対戦相手の一斗缶テツともども 
なかなかペースがつかめず、 
思い通りに行かないもどかしい試合というカンジで 
三者三様のドローでした。 
どうすれば若い選手を伸び伸び成長させることができるのか?

特別扱いしたい主催サイドの気持ちもわかるし、 
前座になってしまった先輩選手はナニクソと思ってほしいし、 
当の本人にはもっと思うところあるであろうなあ、 
色んなことを感じた次第。 



PR
COMMENTS
お名前
URL
メールアドレス
パスワード
タイトル
コメント
"てらかわよしこ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.